「 高確率データ 」 菊花賞は神戸新聞杯組が有力 リアファル、リアルスティール、トーセンバジル - 競馬商材鑑定士KAZ

お得な特典付き商材一覧はこちら

「 高確率データ 」 菊花賞は神戸新聞杯組が有力 リアファル、リアルスティール、トーセンバジル



2冠馬ドゥラメンテが不在なので混戦なのは当然ですが、折り合い面に大きな問題がある馬だけに、もし出走してきたとしてもどうかなという部分はありました。


そもそも菊花賞の3000Mという距離もほぼ全馬が未知数なだけに、予想できる範囲はどうしても決まってしまいますから、非常に難しいレースであることは間違いありません。







春の実績からすればリアルスティール、サトノラーゼンです。


上がり馬では神戸新聞杯を逃げて圧勝したリアファル。


しかし、未知な部分が多い、菊花賞ですから実績通りにいかないことがほとんどです。


古馬の長距離G1、天皇賞春でもそうですからね・・・・・・







データからすると神戸新聞杯組を重視するべきです。


なぜなら毎年必ず1頭は馬券に絡んでいるからです。


特に3着以内馬に要チェックです。


リアファル、リアルスティール、トーセンバジルの3頭のうち、少なくとも1頭は馬券になるはずです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 競馬商材鑑定士KAZ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。