有馬記念は消耗してない3歳牝馬のルージュバックを狙いたい - 競馬商材鑑定士KAZ

お得な特典付き商材一覧はこちら

有馬記念は消耗してない3歳牝馬のルージュバックを狙いたい



2015年最後のG1レース、有馬記念。


今年は本当に予想が難しい。


そんな中、KAZは1番重要視するのが「消耗度」






ジャパンカップ覇者のショウナンパンドラですが、疲労のために有馬記念を回避しました。


それだけレースでの消耗度が高かった証拠です。


同レースに出走したラストインパクト、ラブリーデイ、ダービーフィズは秋3戦以上消化しているので状態は良くても平行線で、状態落ちの可能性が高いです。






そうなると今年の有馬記念は消耗していない馬を狙うべきだと思います。


菊花賞から間隔があいている、キタサンブラック、リアファル。


そしてもう1頭の3歳馬、牝馬のルージュバック。


前走は半年ぶりのレースで、しかも古馬牝馬との戦いだったエリザベス女王杯でした。







結果は4着でしたが、初の古馬戦、半年ぶりということを考えれば勝ち馬のマリアライトから0.1秒差は勝ち馬のマリアライトと同等以上の評価をしても良いと思います。


エリ女で2着のヌーヴァレコルトは次走、香港カップ(香港G1)で2着しています。


こういった点を考慮すると牝馬ではトップクラスの力を持っているのは間違いありませんし、休み明け2戦目ですから状態はかなり良いはずです。


しかも斤量は53キロですからね。






実は枠が決まる前はゴールドシップで仕方ないと予想していましたが、入ってはいけない不利な15番になってしまいました。


8枠に入った馬(馬番だと15、16)は無条件で消すと決めていました。


中山2500Mで8枠に入った馬は本当に馬券になっていませんからね。







今年の有馬記念は大荒れになる可能性は大いにあると思います。


まだレースまで時間は有るので、もう少しじっくり予想します。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 競馬商材鑑定士KAZ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。