2015年の有馬記念のキーワードは先生だったのか・・ 芥川賞の例の又吉先生 - 競馬商材鑑定士KAZ

お得な特典付き商材一覧はこちら

2015年の有馬記念のキーワードは先生だったのか・・ 芥川賞の例の又吉先生



2015年の最後のG1、有馬記念はゴールドはゴールドでもシップの方ではなくアクターの勝利でした。


1番人気で引退レースだったゴールドシップも見せ場はありましたが結果は8着でしたね。






KAZの馬券はリアファルからでした。


前回の記事でもアップしましたが、いかに消耗していない馬を買うか。


だったので菊花賞では3着でしたが、最も強い競馬をしていたリアファルを本命にしました。






単騎での逃げになるのかなと予想していましたが、終始2番手での競馬でしたがレースを観ていたら3コーナー辺りからずるずると後退するではありませんか。


これは故障だなと思いました。


現時点では左肩ハ行という診断ですが、再度検査を受けるとのことで大きな怪我にならないことを祈るばかりです。






ゴールドアクターにしろ、モーリスにしろ今年はスクリーンヒーロー産駒の年でした。


2頭ともとんでもない成長力です。


アクターは東京なら馬券を買おうと思いましたが、中山がどうかなと思ったので消してしまいました。







今年絶好調だったラブリーデイは5着とほとんど見せ場もなく、大きなレースともなるといかに消耗させないのかも重要なんだと再確認しました。


上位4頭、ゴールドアクター、サウンズオブアース、キタサンブラック、マリアライト。


全頭に共通するのが有馬記念で秋3戦目だったことです。







ジャパンカップを勝ったショウナンパンドラは当時、秋3戦目でしたので4戦目になると大きく負荷がかかるのは間違いありません。


ゴールドアクターのを「先生」と呼ぶ、吉田隼人ジョッキーが面白いなと思ったのはKAZだけでしょうか?(笑)

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 競馬商材鑑定士KAZ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。