皐月賞の本命はリオンディーズですが面白い穴馬も発見しちゃいました  - 競馬商材鑑定士KAZ

お得な特典付き商材一覧はこちら

皐月賞の本命はリオンディーズですが面白い穴馬も発見しちゃいました 

--3つの高性能モードであなたを徹底的にサポート--------------
コンピ革命家 田中洋平のオッズ・マニピュレーター
---------------------------------------------------------------



では先日話したように、空前のハイレベルと言われている皐月賞の最終予想を公開します。


初めに言っておきたいのですがいくらハイレベルと言っても3歳のこの時期ですから当然能力比較が完全にできるわけがありません。


皐月賞で初めて顔合わせする馬達も多く存在しています。


能力比較でだけではなく、トリッキーなコースである中山2000Mが舞台ですので、皐月賞は荒れる傾向が強いです。







本命は16番リオンディーズです。


今年の皐月賞は天下のディープインパクト産駒が多く出走していますが、ディープインパクト自体もそうだったように産駒も中山の数値は悪いですし、皐月賞での勝ち馬も出ていません。


そうなると必然的にディープ産駒以外を本命にするのが自然です。







しかしリオンディーズを本命にしたのは血統だけではありません。


戦ってきた相手、ローテーションを考慮するとこの馬が1番勝ちに近い存在です。


2才G1の朝日杯はエアスピネルに着差以上の圧勝でしたし、叩き台の弥生賞ではかかってしまい先行してしまいましたがそれでも楽々の2着。


気性的に問題がありますが、それでもこれだけ走るのですからしっかり折り合った場合は一体どれだけ強いのか?


化物級に強い可能性も十分に秘めています。







今年の皐月賞の1番の問題はサトノダイヤモンドはどう扱うかです。


実はKAZも当初はサトノダイヤモンドを本命にするつもりでした。


過去3走とも圧巻のパフォーマンスでしたからね。


でもまてよ・・・・・・・


戦ってきた相手がみんな弱いぞ・・・・・


弱い馬相手に圧勝した所で本当に強いのか????






それでいて人気を背負っているわけですから、危なくて本命にはできません。


そして皐月賞と相性の悪いディープインパクト産駒なのもネックです。


それと関東での初レースですので、輸送に弱い馬だったら惨敗も考えられます。


もちろん皐月賞を圧勝してもなんら不思議ではありませんが、こういった人気先行型のお決まりのような馬は過去に何頭もいましたが、本当に強い事は稀です。


先週の桜花賞のメジャーエンブレムでさえ負けてしまう事があるんですからね。







では皐月賞の印です。

◎ 16 リオンディーズ
〇 15 エアスピネル
▲  9 ナムラシングン
×  3 マカヒキ
△ 13 プロフィット
△ 11 サトノダイヤモンド




エアスピネルも相当強い馬です。


この馬もリオンディーズと一緒で弥生賞は叩き台だったでしょうし、対リオンディーズは2戦2敗してますので武豊騎手が何も考えていないわけがありません。


瞬発力では勝ち目がありませんので逃げもありえるとKAZは思っています。






面白いのが9番ナムラシングン。


血統がめちゃくちゃ皐月賞向きだと思っています。


父がヴィクトワールピサ、さらに父がネオユニヴァース。


共に皐月賞馬です。


これほど皐月賞向けの血統ですから、単勝も買っておくことにします。







馬券はこんな感じで



馬連流し

16番リオンディーズ = 3番マカヒキ、9番ナムラシングン、11番サトノダイヤモンド、13番プロフィット、15番エアスピネル





ワイド

16番リオンディーズ = 9番ナムラシングン、13番プロフィット、15番エアスピネル






それと単勝

9番ナムラシングン

16番リオンディーズ







馬連5点、ワイド3点、単勝2点。


合計10点。


でもサトノダイヤモンドとの馬券は買わないかもしれないなあ・・・・・・・・






< 皐月賞 KAZ予想 >

◎ 16 リオンディーズ
〇 15 エアスピネル
▲  9 ナムラシングン
×  3 マカヒキ
△ 13 プロフィット
△ 11 サトノダイヤモンド




大穴派ならナムラシングンからの馬券も面白いと思います。


どんな馬がきても高配当間違いなしです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 競馬商材鑑定士KAZ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。