3強の皐月賞を終えて やはりリオンディーズは只者じゃない - 競馬商材鑑定士KAZ

お得な特典付き商材一覧はこちら

3強の皐月賞を終えて やはりリオンディーズは只者じゃない

----------------------------
藤崎優哉の
【救済馬券セオリー】とは?

-----------------------------------




超ハイレベルな3強の皐月賞。


KAZは中でもリオンディーズに注目していました。


弥生賞では、めちゃくちゃかかっていたにも関わらず強い競馬でしたから折り合って競馬できた場合はとんでもなく強いのではないかと思ったからです。






しかし皐月賞では再度かかってしまいました。


折り合いをつける競馬をすると思っていましたがデムーロ騎手は前に行った馬が有利になると判断し超ハイペースなのに早め先頭という無謀とも強引とも言える競馬をしました。


展開を考えれば惨敗しても不思議ではありませんでしたが、降着になってしまいましたが4着(降着で5着に)に残るあたりはやはり能力の証です。


距離が延びて良いタイプではありませんので次走はダービーなのか?


それともNHKマイルCに向かうのか?







折り合えればこの世代では1番強いと思うのですが、ここ2戦の内容が悪いんですよね。


超ハイペースの2000Mでも折り合えなかったのが2400Mで折り合えるのか?


ちょっと難しいなと思いますが、ダービーで内枠に入れれば前に壁を作れるので折り合いやすくなりますからね。






3強と言われる場合のレースは、3強のうちの2頭が馬券になることが多く、3強以外の1頭が馬券になるパターンが多いです。


桜花賞もそうでしたね。


3強のうちのメジャーエンブレムが馬券外で、シンハライト、ジュエラーの2頭が馬券になりました。


こういうパターンは覚えておいて損はありません。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 競馬商材鑑定士KAZ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。